ポグバ、フランス代表の練習で太ももを負傷…年内復帰絶望の可能性も

 マンチェスター・ユナイテッドのポール・ポグバは、フランス代表の練習中に太ももを負傷した。

失点関与&一発退場のポグバ… スコールズは悪質タックルを糾弾「マンUでプレーすべきじゃない」

 ポグバはFIFAワールドカップ欧州予選のカザフスタン戦とフィンランド戦のためフランス代表に招集されたが、月曜のトレーニングで右太ももを負傷。フランスサッカー連盟(FFF)は声明で、「右太ももの大腿四頭筋を痛めてしまった」と発表し、マンUのメディカルスタッフによる診断を受けていく予定だ。ポグバは10月のリバプール戦で一発退場となり、3試合の出場停止余分を受け代表期間明けのワトフォード戦はすでに欠場が確定。一方フランス代表はW杯予選6試合で12ポイントで首位に立っていて、13日のカザフスタン戦に勝利すれば本戦出場が決定する。

Photo Jonathan Moscrop

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

学生時代のユニフォームが青と赤、ポジションがMF、背番号8だった事でランパードとジェラードのプレーを見るように。以来プレミアリーグを中心にサッカーを年間約1000試合観戦する東京出身のエディター。

目次
閉じる