イスコが今シーズンいっぱいでレアル退団か 両者で契約延長の話進まず…

 まるで倦怠期のカップルのように、レアル・マドリードとイスコは契約延長に熱心ではないようだ。

今夏に積極補強を進めるミラン レアルで燻るイスコ獲得を狙う

 29歳イスコは2022年6月で契約満了となる中、未だレアルとの新たな契約書にサインをしていない。9月のビジャレアル戦からリーグ戦でピッチに立っておらず、カルロ・アンチェロッティ監督の下で優先順位は低いようだ。イスコはキャリアを通じて悩まされているケガの影響もあり、今シーズンのUEFAチャンピオンズリーグでは1分もプレー出来ず、今季116分の出場時間はジネディーヌ・ジダン監督が指揮していた昨シーズンの同期間よりはるかに少ない(303分)。今年の夏は興味を持ったクラブが存在するも移籍金の支払いを望まず、来夏フリーエージェントなって初めてイスコのキャリアが動き出すかも知れない。

 Photo Soccrates Images

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

“カンプ・ノウの奇跡”を観てマンチェスター・ユナイテッドの試合が気になるようになる。そこからプレミアリーグを観戦するようになり、同名の飴が好きだった理由でチェルシーのファンに。欧州サッカー漬けでいつか日本と時差が縮まればいいのにと願う東京出身のエディター。

目次
閉じる