ナバスとの共存は不可能?ドンナルンマがPSGでの現状に不満「正直ショック」

 パリ・サンジェルマンのイタリア代表GKジャンルイジ・ドンナルンマは、ケイラー・ナバスとのポジション争いに言及した。

ドンナルンマ、激しいレギュラー争い演じるナバスとの確執を否定「問題ない」

 ドンナルンマは今夏ACミランを退団し、フリーエージェントでPSGと年棒16億円の5年契約を締結。レギュラー定着を期待されていたが、マウリシオ・ポチェティーノ監督はナバスと交互に起用する事を好み、ドンナルンマはリーグ13試合中5試合、UEFAチャンピオンズリーグでは4試合中2ゲームの出場となっている。『TNTスポーツ』のインタビューに応じたドンナルンマはクラブでの現状を問われ、「正直傷ついている」と語った。

「僕のパフォーマンスに影響しないけど、自分を悩ませている。いつも先発するのに慣れていたから、ベンチにいるのは苦痛だし簡単ではない。この状況が解決されるのを願っている。だけど、移籍は全く考えてない。PSGでの生活に満足しているし、僕の事で書かれた記事を読むと笑ってしまうよ」。

Photo John Berry

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

“カンプ・ノウの奇跡”を観てマンチェスター・ユナイテッドの試合が気になるようになる。そこからプレミアリーグを観戦するようになり、同名の飴が好きだった理由でチェルシーのファンに。欧州サッカー漬けでいつか日本と時差が縮まればいいのにと願う東京出身のエディター。

目次
閉じる