W杯本戦ストレートインはスイス!イタリアはスコアレスドローでPO行きが決定

 FIFAワールドカップヨーロッパ予選グループC第10節が15日に実施され、イタリアが北アイルランドと対戦。スイスがホームにブルガリアを迎えた。

天王山は痛み分けのドロー 名手ジョルジーニョが痛恨のPK失敗

北アイルランド vs イタリア
 前節2位スイスとの直接対決でドローに終わり、最終節では勝利のみならずより多くのゴールが求められるイタリア。ロレンツォ・インシーニェを最前線に配置する“ゼロトップ”を採用し、両サイドの選手が積極的に駆け上がりチャンスを創出する。しかし最後まで北アイルランドの牙城を崩す事ができず、スコアレスでタイムアップ。スイスが勝利したため、2位転落のイタリアはプレーオフ行きとなった。

スイス vs ブルガリア
 スコアレスで試合を折り返したスイスは後半開始早々48分、ジェルダン・シャキリがクロスを上げ、ノア・オカフォーが頭で合わせ待望の先制点を奪う。勢い付くスイスは57分にルベン・バルガスがネットを揺らすと、72分にはセドリック・イッテンが追加点を奪取。試合終了直前にはレモ・フロイラーがケーキにいちごを添え、4発圧勝のスイスがW杯本戦出場を果たした。

Photo Charles McQuillan

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

学生時代のユニフォームが青と赤、ポジションがMF、背番号8だった事でランパードとジェラードのプレーを見るように。以来プレミアリーグを中心にサッカーを年間約1000試合観戦する東京出身のエディター。

目次
閉じる