キャロルが2部レディングに加入 2ヶ月間の超短期契約

 元イングランド代表FWアンディ・キャロルは、レディングと2022年1月までの短期契約を締結した。

キャロルのニューカッスル退団が決定 ブルース監督が認める「残りのキャリアを楽しんでほしい」

 昨シーズンいっぱいでニューカッスル・ユナイテッドを退団しフリーエージェントだった32歳キャロルは、2部チャンピオンシップに所属するレディングと短期契約を結ぶ。レディングのヴェリコ・パウノビッチ監督は、「これは以前から取り組んでいた契約であり、選手とクラブにとって正しい動きであったと確信している。アンディは新たな挑戦を望んでいて、彼のような豊富な経験と質の高い選手が必要だ」とコメントしている。

 2006年にニューカッスルでプロデビューを果たしたキャロルは、2011年には3500万ポンド(約50億円)でリバプールに移籍。その後ウェストハム・ユナイテッドで通算142試合34ゴール17アシストを記録すると、2019年8月にはニューカッスル復帰を果たした。

Photo Alex Livesey

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

“カンプ・ノウの奇跡”を観てマンチェスター・ユナイテッドの試合が気になるようになる。そこからプレミアリーグを観戦するようになり、同名の飴が好きだった理由でチェルシーのファンに。欧州サッカー漬けでいつか日本と時差が縮まればいいのにと願う東京出身のエディター。

目次
閉じる