PSG女子選手の襲撃事件に進展 アビダル氏と夫人が事情聴取へ

 元バルセロナのエリック・アビダル氏は、パリ・サンジェルマン女子チームのキーラ・アムラウィ襲撃事件関与の疑いで事情聴取を受けた。

同僚への襲撃事件関与で逮捕されたPSG女子ディアロ…容疑不十分で釈放される

 フランス紙『Le Monde』によると、襲撃されたアムラウィが使用している携帯電話のSIMカードがアビダル名義で登録されていたため、警察は捜査の一環としてアビダルが取り調べを受ける事になったと報道。これにより2人の交際疑惑が浮上し、アビダルの妻アイェ氏も事情聴取を受ける可能性があると伝えた。

 アムラウィは2018年から2021年までバルセロナでプレーしており、アビダルも2018年から2020年まで同クラブのスポーツディレクターを務める。PSG女子チームの選手によると、アムラウィが襲撃事件の遭った翌日にアビダルに電話を掛けていたようだ。また襲撃した犯人たちは「既婚男性を寝た」と叫んでいた模様で、プライベートな問題ではないかと疑念が高まっている。

 Photo Quality Sport Images

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

学生時代のユニフォームが青と赤、ポジションがMF、背番号8だった事でランパードとジェラードのプレーを見るように。以来プレミアリーグを中心にサッカーを年間約1000試合観戦する東京出身のエディター。

目次
閉じる