チームを救ったのはまたも伊東純也!日本代表、オマーンにリベンジ果たしB組2位浮上

 FIFAカタールワールドカップアジア最終予選グループB第6節が16日に実施され、日本代表がオマーンと対戦した。

伊東純也が身体を張った先制弾!日本代表が完封勝利で最終予選初の2連勝

 ベトナム戦で白星を挙げ、最終予選初の連勝を果たした日本代表。前回対戦で敗北したオマーンにリベンジを果たすべく、出場停止の守田英正に代わって柴崎岳が3ボランチの一角を務めた。ボールポゼッションこそ支配する日本代表だったものの、単調の攻撃に終始しオマーンのゴールに脅威を与えるに至らず。両チーム得点が無いまま試合を折り返す。

 オマーンの首都マスカットにある敵地スルタン・カーブース・スポーツコンプレックスが独特の雰囲気に包まれる中、日本は後半開始から三笘薫を投入する。A代表デビューを果たした三笘が切れ味抜群のドリブルを披露すると、停滞していた前線が活性化。すると81分にペナルティエリア左に進入した三苫がクロスを送り、伊東純也が身体で押し込む。日本が喉から手が出る程欲しかった先制点をゲットし、1-0で予選3連勝を成し遂げグループ2位に浮上した。

Photo Adil Al Naimi

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

学生時代のユニフォームが青と赤、ポジションがMF、背番号8だった事でランパードとジェラードのプレーを見るように。以来プレミアリーグを中心にサッカーを年間約1000試合観戦する東京出身のエディター。

目次
閉じる