アンリ氏、PSGでスタイル浸透は困難と指摘「3日に1度の試合日程では…」

 ティエリ・アンリ氏は、パリ・サンジェルマンに特定のプレースタイルを浸透させるのは難しいと指摘した。

リーグ未だ無得点のメッシ… 盟友アンリが現状を憂慮「ピッチで孤立している」

 PSGはリーグ13試合で11勝1分1敗の成績を残し首位に位置しているが、今夏の目玉補強となったリオネル・メッシは国内でゴールを決めておらず、セルヒオ・ラモスはケガが長引き未だピッチに立っていない。マウリシオ・ポチェティーノ監督がメッシのフィットする戦術模索に試行錯誤する中、アンリ氏はバルセロナの長い歴史で培われた特殊なスタイルが、メッシの仕事をより困難にしていると語った。

「ポチェティーノ監督の言い訳をするつもりはないが、多くの選手がシーズン開幕に遅れてやってくると、3日に1度の試合では彼らと一緒に仕事する時間はない。戦術を浸透させるのが簡単ではないんだ。バルサでは歴史があるから、従うべきものがある。リヌス・ミケルスが指導し、クライフがやってきたように。ポチェティーノはシステムとそれに参加する11人の選手を探している」。

Photo Xavier Laine

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

“カンプ・ノウの奇跡”を観てマンチェスター・ユナイテッドの試合が気になるようになる。そこからプレミアリーグを観戦するようになり、同名の飴が好きだった理由でチェルシーのファンに。欧州サッカー漬けでいつか日本と時差が縮まればいいのにと願う東京出身のエディター。

目次
閉じる