元マジョルカのペルー人FW、薬物と銃器所持の疑いで逮捕

 元マジョルカのペルー代表FWブライアン・レイナが薬物所持と銃刀法違反で逮捕された。

ブラジルのプロリーグで大事件…審判が選手に顔面を蹴られ意識不明の重体に

 『リベロ・メディア』によると、今週ペルーでレイナがチームメイトと車に乗っていた際地元警察に止められ、車内から武器や薬物が発見されたと報道。警察は事件の概要に関して、「捨てたと思われる黒いブローニング・アームズの銃、モデルはCZ-83、9口径でチェコ産の刻印がある。シリアルナンバーはなかったが、12個の弾薬が装弾されたカートリッジが確認された」と報告している。レイナは2016年から2021年までマジョルカに所属し、毎シーズン他クラブにレンタル移籍を繰り返す。度重なる規律違反や軽犯罪で2021年1月にマジョルカと契約解除となり、フリーでアカデミア・カントラオに加入した。

Photo Rafa Babot

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

“カンプ・ノウの奇跡”を観てマンチェスター・ユナイテッドの試合が気になるようになる。そこからプレミアリーグを観戦するようになり、同名の飴が好きだった理由でチェルシーのファンに。欧州サッカー漬けでいつか日本と時差が縮まればいいのにと願う東京出身のエディター。

目次
閉じる