バルセロナ復帰のD・アウベス、年棒はラ・リーガ最低額の2000万円に

 バルセロナに加入したダニエウ・アウベスは、ラ・リーガで認められる最低額の給料を受け取ることとなった。

D・アウベスの背番号は「8」に決定!入団会見で意気込み語る「クラブのために何でもする」

 2008年から2016年までバルサに所属していたD・アウベスは、数多のクラブを渡り歩き5年ぶり古巣に復帰。ジョアン・ラポルタ会長に何度も電話して契約の意思を伝えたようで、背番号はかつてアンドレス・イニエスタが着用していた「8番」に決まった。バルサの財政難が未だ危うい中、スペイン紙『マルカ』によるとD・アウベスの年棒はラ・リーガ最低額の15万5000ユーロ(約2000万円)となる模様。公式戦のピッチに立つのは来年1月からで、D・アウベスは入団会見で「いくら稼ぐとはどうでもいい。バルサを助けられるなら何をしてもいいと思ったんだ」と伝えた。

Photo David Ramos

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

“カンプ・ノウの奇跡”を観てマンチェスター・ユナイテッドの試合が気になるようになる。そこからプレミアリーグを観戦するようになり、同名の飴が好きだった理由でチェルシーのファンに。欧州サッカー漬けでいつか日本と時差が縮まればいいのにと願う東京出身のエディター。

目次
閉じる