【PLプレビュー】チェルシーが不振に喘ぐレスターと マンUは昇格組から勝ち点奪取狙う

 ライバルを抑え首位に位置するチェルシーは、不振に喘ぐレスター・シティの敵地に乗り込む。マンチェスター・ユナイテッドは下位チームから勝ち点を獲得できるか。

ハベルツが先制ヘディング弾も…チェルシーが終盤に追い付かれ連勝ストップ

レスター・シティ vs チェルシー
・チェルシーは過去18回のプレミアでレスターに3敗しかしていない(10勝5分)。ただアウェイでは勝利から遠ざかっており、直近3戦で未勝利だ(2分1敗)。
・チェルシーはリーグ戦アウェイで3連勝中。無失点を維持しており、4戦連続クリーンシートで勝利となればフェリペ・スコラーリ政権以来の快挙だ(6連勝)。
・今シーズンのプレミアでチェルシーほど多くヘディング弾を決めたチームはなく、一方でレスターほどヘディングシュートを決められたチームはいない。
・チェルシーは2021年に行われたレスター戦で、1月のリーグ戦と5月のFAカップ決勝で敗北。年内でチェルシーが3敗したのは、2019年のマンチェスター・ユナイテッドだけだ。

ワトフォード vs マンチェスター・ユナイテッド
・マンUはトップリーグでワトフォードに26戦中18勝を果たしており(4分4敗)、勝率は69%。マンUがトップリーグで20戦以上激突してワトフォードより高い勝率を誇るのは、ルートン・タウンだけだ(30戦22勝:73%)。
・昨シーズンにマンUは昇格組に3戦連続ドローに終わり、今試合でも勝てなければ1997年9月以来の4戦続けて勝利を逃すことに。
・マンUはプレミア直近6試合で4敗を喫していて(1勝1分)、以前40戦の敗北数と同等に(24勝12分)。6試合で勝ち点4は、ルイス・ファン・ハール政権の2015年11月から12月以来少ない数字だ(3ポイント)。
・ワトフォードは今シーズンのプレミアで、どのクラブよりも無得点に終わった試合が多い(7試合)。ただネットを揺らしたゲームでは、4戦中3試合で3得点以上を挙げている。

Photo Michael Regan

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

“カンプ・ノウの奇跡”を観てマンチェスター・ユナイテッドの試合が気になるようになる。そこからプレミアリーグを観戦するようになり、同名の飴が好きだった理由でチェルシーのファンに。欧州サッカー漬けでいつか日本と時差が縮まればいいのにと願う東京出身のエディター。

目次
閉じる