ジェラード監督初陣は劇的な2発白星!マンUは昇格組にまさかの4失点完敗

 20日にプレミアリーグ第12節が行われ、アストン・ビラがブライトンと対戦。マンチェスター・ユナイテッドがワトフォードの敵地乗り込んだ。

【PLプレビュー】チェルシーが不振に喘ぐレスターと マンUは昇格組から勝ち点奪取狙う

アストン・ビラ vs ブライトン
 スティーブン・ジェラード新監督の初陣となったビラは、長い時間スコアレスが続いた84分、ペナルティエリア内にドリブルで進入したオリー・ワトキンズが豪快に右足を振り抜いて貴重な先制点をゲットする。5分後にはDFのクリアボールにタイロン・ミングスが反応し、ダイレクトで押し込み勝負あり。劇的展開な2発快勝で、ジェラード監督率いるビラが上々のスタートを切った。

ワトフォード vs マンチェスター・ユナイテッド
 不振に喘ぐマンUは、守護神ダビド・デ・ヘアが2度PKを止めるものの、28分に先制点を献上。44分には手痛い追加点を許してしまう。後半開始早々50分にドニー・ファン・デベークがゴールを決めたマンUは、69分にハリー・マグワイアが退場処分に。後半アディショナルタイムに立て続けにワトフォードに失点し、最終スコア1-4でマンUが完敗を喫した。

Photo Ryan Pierse

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

“カンプ・ノウの奇跡”を観てマンチェスター・ユナイテッドの試合が気になるようになる。そこからプレミアリーグを観戦するようになり、同名の飴が好きだった理由でチェルシーのファンに。欧州サッカー漬けでいつか日本と時差が縮まればいいのにと願う東京出身のエディター。

目次
閉じる