バルセロナ、デパイPK弾でシャビ初陣を白星で飾る!アトレティコは終盤の決勝点で辛勝

 ラ・リーガ第14節が20日に開催され、バルセロナがエスパニョールと激突。アトレティコ・マドリードがホームにオサスナを迎えた。

バルセロナ新監督のシャビ、ファンの前で意気込み語る「全ての試合に勝つ」

バルセロナ vs エスパニョール
 シャビ・エルナンデス新監督が初采配を振るったバルサは、選手同士が近い距離を取って細かくパスを回し、ポゼッションでゲームを支配する。すると後半開始早々に、メンフィス・デパイがペナルティエリア内で倒されてPKを獲得。デパイ自らがキッカーを担当し、冷静に沈め48分に先制点をゲットする。結局これが決勝弾となり、バルサがシャビ監督初陣を白星で飾った。

アトレティコ・マドリード vs オサスナ
 公式戦2試合で勝利から遠ざかっているアトレティコは、本拠地ワンダ・メトロポリターノで積極的に攻め立てるものの、オサスナの懸命な守備に阻まれ1点が遠い。このまま引き分けかに見えた87分、左CKを獲得するとヤニック・カラスコが右足でクロスを供給。フェリペが高い打点からヘディング弾を決め、アトレティコが完封勝利で公式戦3試合ぶりの勝利を手にした。

Photo Quality Sport Images

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

“カンプ・ノウの奇跡”を観てマンチェスター・ユナイテッドの試合が気になるようになる。そこからプレミアリーグを観戦するようになり、同名の飴が好きだった理由でチェルシーのファンに。欧州サッカー漬けでいつか日本と時差が縮まればいいのにと願う東京出身のエディター。

目次
閉じる