メッシが今季リーグ初ゴール!数的不利のPSGが3発白星で公式戦7試合無敗

 リーグ・アン第14節が20日に行われ、パリ・サンジェルマンが本拠地パルク・デ・プランスにナントを迎えた。

アンリ氏、PSGでスタイル浸透は困難と指摘「3日に1度の試合日程では…」

 強力なスカッドを擁し、フランス国内で独走状態となっているPSG。今試合では、リオネル・メッシ、キリアン・エムバペ、ネイマールの“MMN”トリオが揃ってスタメンに名を連ねた。開始早々から攻め立てるPSGは2分に、レアンドロ・パレデスが敵陣中央からシュートを放つ。エムバペに当たってコースが変わり、ゴールに吸い込まれいきなりスコアを動かす。

 終始ゲームを支配していたPSGだったが、65分にアクシデント発生。GKケイラー・ナバスが危険なファウルを犯し、一発退場で数的不利を強いられる。76分に同点弾を決められ不穏なムードが漂うPSGだったものの、5分後にメッシのスルーパスが相手のOGを誘発。87分にはメッシがついに今季リーグ初ゴールを叩き出し、1人少ないPSGが3-1でリーグ3連勝を飾った。

Photo Eurasia Sport Images

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

“カンプ・ノウの奇跡”を観てマンチェスター・ユナイテッドの試合が気になるようになる。そこからプレミアリーグを観戦するようになり、同名の飴が好きだった理由でチェルシーのファンに。欧州サッカー漬けでいつか日本と時差が縮まればいいのにと願う東京出身のエディター。

目次
閉じる