マンUがスールシャール監督解任を発表… ワトフォード戦大敗で決断

 マンチェスター・ユナイテッドは21日、オーレ・グンナー・スールシャール監督の解任を発表した。

ジェラード監督初陣は劇的な2発白星!マンUは昇格組にまさかの4失点完敗

 7月に3年契約延長を締結していたスールシャール監督は、プレミア直近7試合で5敗と不振に陥り首位チェルシーと12ポイント差に。今月にはリバプールに0-5、マンチェスター・シティに0-2と完敗を喫して解任の声が日にまして大きくなる中、第12節ワトフォード戦で4失点で敗北となり、翌朝にマンUが決断を下した。

 今シーズン終了まではアシスタントのマイケル・キャリックが暫定で指揮を執る模様で、マンU声明で「オーレは常にクラブの伝説であり、このような難しい決断を下したのを残念に思う。ここ数週間は苦しい時期だったが、長期的な基盤を再構築するために過去3年間で彼が行ってきた全ての仕事を曖昧にすべきではない」と言及。後任候補にはマウリシオ・ポチェティーノやエリク・テン・ハーグの名前が挙がっている。

Photo Charlie Crowhurst

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

“カンプ・ノウの奇跡”を観てマンチェスター・ユナイテッドの試合が気になるようになる。そこからプレミアリーグを観戦するようになり、同名の飴が好きだった理由でチェルシーのファンに。欧州サッカー漬けでいつか日本と時差が縮まればいいのにと願う東京出身のエディター。

目次
閉じる