デ・ブルイネ不在のマンCが3発白星!コンテ監督ホーム初陣はリーズに逆転勝利

 プレミアリーグ第12節が21日に行われ、マンチェスター・シティがエバートンと対戦。トッテナム・ホットスパーがホームにリーズ・ユナイテッドを迎えた。

【PLプレビュー】マンCが相性抜群のエバートンと激突 コンテ新監督は鬼才ビエルサと初対決

マンチェスター・シティ vs エバートン
 ケビン・デ・ブルイネがコロナウイルス感染で離脱となったマンCは、前半終了間際の44分にジョアン・カンセロが絶妙な浮き球のパスを送ると、ラヒーム・スターリングがうまく合わせ先制に成功する。55分にロドリが強烈なミドルシュートを叩き込み、86分にはベルナルド・シウバがダメ押し弾を挙げて勝負あり。マンCが3発白星で、公式戦3連勝を成し遂げた。

トッテナム・ホットスパー vs リーズ・ユナイテッド
 アントニオ・コンテ監督のホーム初陣となったトッテナムは44分、サイド攻撃からリーズに先取点を許してしまう。それでも後半から猛反撃に転じ、58分にピエール・エミル=ホイビェアがネットを揺らしスコアをタイに戻す。すると69分に、FKからエリック・ダイアーが放ったシュートがポストに直撃し、反応したセルヒオ・レギロンが押し込んで決着。トッテナムが2-1の逆転勝利でコンテ監督ホーム初陣を飾った。

Photo Marc Atkins

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

“カンプ・ノウの奇跡”を観てマンチェスター・ユナイテッドの試合が気になるようになる。そこからプレミアリーグを観戦するようになり、同名の飴が好きだった理由でチェルシーのファンに。欧州サッカー漬けでいつか日本と時差が縮まればいいのにと願う東京出身のエディター。

目次
閉じる