上位対決はインテルに軍配!逆転勝利で無敗のナポリに土をつける

 セリエA第13節が21日に開催され、ジュゼッペ・メアッツァでインテルとナポリと上位対決が実現した。

10人のミランがローマとの接戦制す!インテルは2発快勝でトップを追走

 3位インテルと無敗で首位に位置するナポリのビッグマッチ。5万人以上のサポーターが駆けつけた一戦は、インテルが17分にナポリに先取点を許してしまう。追いかける立場となったインテルは、ニコロ・バレッラのシュートがハンドを誘発してPKを獲得。ハカン・チャルハノールが落ち着いて沈め25分に追い付くと、44分にイバン・ペリシッチのヘディング弾で逆転に成功する。

 後半も攻めの姿勢を崩さないインテルは61分に、自陣からカウンターを発動しホアキン・コレアが長い距離をドリブルで持ち運ぶ。最後はラウタロ・マルティネスがペナルティエリア内から右足で流し込み、インテルがリードを広げる。78分にドリース・メルテンスに鮮やかミドルを喫するも、その後の失点は許さずタイムアップ。インテルが3-2で逆転勝利を果たし、無敗のナポリに初めて土をつけた。

Photo Jonathan Moscrop

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

“カンプ・ノウの奇跡”を観てマンチェスター・ユナイテッドの試合が気になるようになる。そこからプレミアリーグを観戦するようになり、同名の飴が好きだった理由でチェルシーのファンに。欧州サッカー漬けでいつか日本と時差が縮まればいいのにと願う東京出身のエディター。

目次
閉じる