レアルが監督退場のグラナダに4発圧勝!1試合未消化で首位に浮上

 21日にラ・リーガ第14節が実施され、レアル・マドリードがグラナダの敵地ロス・カルメネスに乗り込んだ。

レアルが21歳アルゼンチン代表FWに熱視線 下部組織でプレー経験も

 接戦を確実にモノにし、1ヶ月以上無敗が続くレアル。今試合でもアウェイの地で攻勢に出る。19分にマルコ・アセンシオがペナルティエリア内にドリブルで進入すると、右足で流し込み先制点を奪取。25分にはショートコーナーからトニ・クロースがラストパスを送り、ナチョが押し込んで追加点をゲットする。グラナダに1点を返されるものの、レアルがリードを保ち試合を折り返す。

 後半に入ってもレアルは攻撃の手を緩めず、56分に抜け出したルカ・モドリッチのお膳立てからヴィニシウス・ジュニオールがネットを揺らす。67分にはグラナダのモンチェとロベルト・モレーノ監督が一発退場となり、76分にカゼミーロのスルーパスに反応したフェルラン・メンディが今シーズン初ゴールを決めて勝負あり。レアルが4-1で圧勝し、1試合未消化で首位に浮上した。

Photo Quality Sport Images

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

“カンプ・ノウの奇跡”を観てマンチェスター・ユナイテッドの試合が気になるようになる。そこからプレミアリーグを観戦するようになり、同名の飴が好きだった理由でチェルシーのファンに。欧州サッカー漬けでいつか日本と時差が縮まればいいのにと願う東京出身のエディター。

目次
閉じる