マンUが新指揮官探しに奔走 キャリック暫定監督「必要とされる限り…」

 マンチェスター・ユナイテッドのマイケル・キャリック暫定監督は、必要とされる限り指揮を執ると語った。

マンU監督解任のスールシャールが別れのメッセージ「最初から最後まで楽しかった。また会おう」

 ワトフォードに1-4で敗れたマンUはオーレ・グンナー・スールシャール監督を解任し、シーズン終了までキャリック暫定監督を務めると発表。クラブがシーズン中に後任候補を探していく中、UEFAチャンピオンズリーグのビジャレアル戦会見に出席したキャリック暫定監督は、「必要とされる限りクラブを助ける準備ができている」と語った。

「誰かが監督を引き受けたら、私は自分の仕事に戻る。ビジャレアルに勝利すればノックアウトステージ進出が決まる。重要な一戦を本当に楽しみにしているし、私も選手も準備しているよ。ベストを尽くし良い結果が得られると願っている。オーレの辞任は日曜の朝に練習場で知らされた。エドと話したのがきっかけで、誰も知らされていなかったと思う。練習は少し騒ついていたが、全体的には上手くいった。オーレは上品に対応してくれた」。

Photo Alex Livesey – Danehouse

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

“カンプ・ノウの奇跡”を観てマンチェスター・ユナイテッドの試合が気になるようになる。そこからプレミアリーグを観戦するようになり、同名の飴が好きだった理由でチェルシーのファンに。欧州サッカー漬けでいつか日本と時差が縮まればいいのにと願う東京出身のエディター。

目次
閉じる