レアルとインテルが決勝T進出!首位通過を懸け最終節で激突

 24日にUEFAチャンピオンズリーグのグループD第5節が実施され、レアル・マドリードがシェリフ・ティラスポリと激突。インテルはホームにシャフタール・ドネツクを迎えた。

【CLプレビュー】レアルが前回敗戦のシェリフとリベンジマッチ ドルトムントは決勝T残り1枠を懸けポルトガル遠征に

シェリフ・ティラスポリ vs レアル・マドリード
 前回敗れたシェリフとのリベンジマッチに臨むレアルは、30分にペナルティエリア手前でFKを獲得しダビド・アラバが鮮やかに沈める。前半アディショナルタイムにロドリゴがゴラッソを決めると、後半開始早々55分にはペナルティアーク内からカリム・ベンゼマがミドルシュートを挙げて勝負あり。レアルが3発快勝で、順当に決勝トーナメント進出を決めた。

インテル vs シャフタール・ドネツク
 スコアレスで折り返したインテルは61分に速いテンポの攻撃を仕掛け、最後はエディン・ジェコが右足を振り抜いて貴重な先制点をゲットする。すると6分後、ドリブルでペナルティエリア左に進入したイバン・ペリシッチがクロスを送り、ジェコが頭で合わせドッピエッタ(1試合2得点)を達成。インテルが2-0でノックアウトラウンド突破を決め、次節首位通過を懸けてレアルと対戦する。

Photo Alessandro Sabattini

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

“カンプ・ノウの奇跡”を観てマンチェスター・ユナイテッドの試合が気になるようになる。そこからプレミアリーグを観戦するようになり、同名の飴が好きだった理由でチェルシーのファンに。欧州サッカー漬けでいつか日本と時差が縮まればいいのにと願う東京出身のエディター。

目次
閉じる