ドルトムントがまさかのGS敗退…スポルティングに3発完敗でELの舞台へ

 24日にUEFAチャンピオンズリーグのグループC第5節が行われ、ボルシア・ドルトムントがスポルティングと対決。アヤックスがベジクタシュとの一戦に臨んだ。

【CLプレビュー】レアルが前回敗戦のシェリフとリベンジマッチ ドルトムントは決勝T残り1枠を懸けポルトガル遠征に

スポルティング vs ボルシア・ドルトムント
 ノックアウトラウンド進出残り1枠を懸けて敵地に乗り込んだドルトムントは、30分にスポルティングのペドロ・ゴンサウベスに手痛い先制点を献上。9分後には再びペドロに失点を許してしまう。さらにスポルティングの猛攻を止められず、81分にはPKの流れからペドロ・ポロに決められ万事休す。試合終了間際にドニエル・マレンがネットを揺らすも最終スコア1-3で敗れ、直接対決の結果でもスポルティングに劣りグループステージ敗退が決定した。

ベジクタシュ vs アヤックス
 22分にベジクタシュにPK弾を喫したアヤックスは、後半開始早々54分にニコラス・タグリアフィコのお膳立てからセバスティアン・アレが同点弾をゲット。すると69分に左サイドからFKを獲得し、トリックプレーからリサンドロ・マルティネスが左足で合わせ、アレがCL得点ランクトップタイの9ゴール目を挙げる。2-1で逆転勝利を果たしたアヤックスが、無傷のGS5連勝を成し遂げた。

Photo Soccrates Images

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

“カンプ・ノウの奇跡”を観てマンチェスター・ユナイテッドの試合が気になるようになる。そこからプレミアリーグを観戦するようになり、同名の飴が好きだった理由でチェルシーのファンに。欧州サッカー漬けでいつか日本と時差が縮まればいいのにと願う東京出身のエディター。

目次
閉じる