ベンゼマ、SEXテープ脅迫事件で執行猶予付き実刑判決…弁護士は控訴する方針

 レアル・マドリードのカリム・ベンゼマは、マテュー・ヴァルブエナのセックステープを巡る脅迫事件で有罪判決を受け、執行猶予付きで1年間の懲罰刑が言い渡された。

ベンゼマ、SEXテープ脅迫事件の裁判が開廷 有罪なら最大5年の実刑判決も

 ベンゼマは2015年6月に、当時フランス代表で同僚だったヴァルブエナをセックステープを使って脅迫。フランスサッカー連盟(FFF)のノエル・ル・グラエ会長は憤慨し、無期限の追放処分が下された。そして先月から同事件の裁判が始まり、脅迫グループに関与したとしてベンゼマに執行猶予付き1年間の懲罰刑と7万5000ユーロ(約1000万円)の罰金処分に。ベンゼマの弁護士は記者団に「この結果は現実の出来事とは全く一致しない」と、判決を不服とし控訴すると言及。ベンゼマは今後もフランス代表でプレーしていく予定だが、果たして有罪判決が覆ることがあるのだろうか。

Photo Gonzalo Arroyo Moreno

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

“カンプ・ノウの奇跡”を観てマンチェスター・ユナイテッドの試合が気になるようになる。そこからプレミアリーグを観戦するようになり、同名の飴が好きだった理由でチェルシーのファンに。欧州サッカー漬けでいつか日本と時差が縮まればいいのにと願う東京出身のエディター。

目次
閉じる