ワクチン未接種のキミッヒとシュポ=モティング、新型コロナ陽性でビーレフェルト戦欠場に…

 バイエルン・ミュンヘンのヨシュア・キミッヒとマキシム・シュポ=モティングは、コロナウイルスの検査で陽性反応を示した。

凄すぎるレバンドフスキ…靴紐ほどけた状態でオーバーヘッド弾決める

 両選手は先日実施したコロナウイルスの検査で陽性反応を示し、バイエルンは24日に自主隔離に入ったと発表。濃厚接触者もすでに隔離されており、2人の経過は順調と伝えている。キミッヒは昨年チームメイトのレオン・ゴレツカと共同で、コロナウイルス撲滅の活動を続ける慈善団体に募金するなど社会奉仕に尽力。ただ先月のインタビューで「ワクチンを接種するかまだ決めていない」と未接種であると明らかにし、感染が懸念されていた。キミッヒとシュポ=モティングは奥川雅也が所属するアルミニア・ビーレフェルト線欠場となり、離脱者が続出しているバイエルンにとって頭を抱える事態となっている。

Photo Alexander Hassenstein

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

“カンプ・ノウの奇跡”を観てマンチェスター・ユナイテッドの試合が気になるようになる。そこからプレミアリーグを観戦するようになり、同名の飴が好きだった理由でチェルシーのファンに。欧州サッカー漬けでいつか日本と時差が縮まればいいのにと願う東京出身のエディター。

目次
閉じる