ジダンがPSG監督に就任?ナスリが自身の見解を語る「指揮しても不思議じゃない」

 元フランス代表MFサミュエル・ナスリは、ジネディーヌ・ジダンがパリ・サンジェルマンに就任したもおかしくないと語った。

ジダンのマンU監督就任は難しい?妻がマンチェスター引っ越しに反対

 レアル・マドリードを退任して以来フリーが続いているジダンは、マンチェスター・ユナイテッドやPSG新監督就任が取り沙汰されている。マンチェスター行きに興味を示しておらず、母国フランスでの指揮が有力視されている中、ナスリがフランスのラジオ局『RMC Sport』でジダンの去就に言及。「ジダンがPSGの監督になっても不思議ではないよ」と語った。

「それが彼の仕事だからね。彼がカタールといい関係を築いているのも忘れてはならない。彼は偉大な選手たちのエゴを処理し、管理する方法を知っている。彼はC・ロナウドに少しの休憩を認めさせた最初の監督だ。ジダンのような人物がネイマールやエムバペにあれこれ指示するとなれば、彼らは他の監督が指揮するよりも気を配るだろう。しかもジダン就任によってエムバペが来シーズンもPSGに残る可能性もあるね」。

Photo VI-Images

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

“カンプ・ノウの奇跡”を観てマンチェスター・ユナイテッドの試合が気になるようになる。そこからプレミアリーグを観戦するようになり、同名の飴が好きだった理由でチェルシーのファンに。欧州サッカー漬けでいつか日本と時差が縮まればいいのにと願う東京出身のエディター。

目次
閉じる