ベイル代理人がレアルサポの非難に苦言「ガレスは嫌な思いをした」

 ウェールズ代表FWガレス・ベイルの代理人ジョナサン・バーネット氏は、罵声を浴びせたレアル・マドリードのファンを非難した。

代表優先のベイルにレアルサポ激怒…車にペン投げつけFワード浴びせる

 ケガの影響で8月末からレアルの試合でピッチに立っていないベイルは今月、ウェールズ代表としてFIFAワールドカップ欧州予選ベラルーシ戦に先発出場。これによりレアルファンの怒りを買い、代表期間明けの練習場でベイルの車の窓にペンを投げつけ、罵声を浴びせられた。バーネット氏はスペイン『El Chiringuito』のインタビューでレアルファンの批判を問われ、「気にしてないし、気にする必要もない」と言及。「ウェールズでプレーしなければならなかったんだ。W杯に向けてとても重要だったからね。彼らはベイルに嫌な思いをさせていると思うよ」と苦言を呈した。

Photo Aitor Alcalde Colomer

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

学生時代のユニフォームが青と赤、ポジションがMF、背番号8だった事でランパードとジェラードのプレーを見るように。以来プレミアリーグを中心にサッカーを年間約1000試合観戦する東京出身のエディター。

目次
閉じる