ベイル代理人がレアルサポの非難に苦言「ガレスは嫌な思いをした」

 ウェールズ代表FWガレス・ベイルの代理人ジョナサン・バーネット氏は、罵声を浴びせたレアル・マドリードのファンを非難した。

代表優先のベイルにレアルサポ激怒…車にペン投げつけFワード浴びせる

 ケガの影響で8月末からレアルの試合でピッチに立っていないベイルは今月、ウェールズ代表としてFIFAワールドカップ欧州予選ベラルーシ戦に先発出場。これによりレアルファンの怒りを買い、代表期間明けの練習場でベイルの車の窓にペンを投げつけ、罵声を浴びせられた。バーネット氏はスペイン『El Chiringuito』のインタビューでレアルファンの批判を問われ、「気にしてないし、気にする必要もない」と言及。「ウェールズでプレーしなければならなかったんだ。W杯に向けてとても重要だったからね。彼らはベイルに嫌な思いをさせていると思うよ」と苦言を呈した。

Photo Aitor Alcalde Colomer

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

“カンプ・ノウの奇跡”を観てマンチェスター・ユナイテッドの試合が気になるようになる。そこからプレミアリーグを観戦するようになり、同名の飴が好きだった理由でチェルシーのファンに。欧州サッカー漬けでいつか日本と時差が縮まればいいのにと願う東京出身のエディター。

目次
閉じる