元ユベントスFWがマフィアと共謀し恐喝 禁固3年6ヶ月の実刑判決

 ユベントスやパレルモでプレーしたイタリア人FWファブリツィオ・ミッコリ氏は、恐喝の罪で3年半の実刑判決を受けた。

パラグアイ移籍の森本貴幸、飲酒運転とひき逃げで逮捕される…

 42歳ミッコリ氏は10年前に、ナイトクラブのオーナーに1万2000ユーロ(約150万円)と言われる借金を返済させるため、シチリアのマフィアのボスであるアントニオ・ラウリチェッラ氏の息子マウロに恐喝を依頼。イタリアの最高控訴裁は過重脅迫罪でマウロに7年、ミッコリに3年半の有罪判決を支持したようだ。ミッコリは1996年にカザラーノでプロデビューを果たすと、ユーベやフィオレンティーナでプレー。ユーベではマルチェロ・リッピ監督の下でアレッサンドロ・デルピエロやダビド・トレゼゲと共にピッチに立ち、キャリア通算615試合220ゴールを記録し2015年に現役を引退した。

Photo Alex Livesey

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

“カンプ・ノウの奇跡”を観てマンチェスター・ユナイテッドの試合が気になるようになる。そこからプレミアリーグを観戦するようになり、同名の飴が好きだった理由でチェルシーのファンに。欧州サッカー漬けでいつか日本と時差が縮まればいいのにと願う東京出身のエディター。

目次
閉じる