鎌田EL3戦連続弾でフランクフルトが首位キープ!堂安アシストのPSVはホームで2発快勝

 UEFAヨーロッパリーグのグループステージ第5節が25日に行われ、日本人所属クラブが各地で試合に臨んだ。

ELで悲劇的な事故発生?…ウェストハムのファンが指切断か

アイントラハト・フランクフルト vs ロイヤル・アントワープ
 三好康児が欠場し日本人対決はお預けとなった今試合は、12分に右サイドからティモシー・チャンドラーがクロスを上げると、鎌田大地がEL3戦連続弾を決めフランクフルトが先制に成功。その後アントワープに逆転を許すものの、後半アディショナルタイムに劇的同点弾を挙げ、2-2のドローでフランクフルトが首位をキープした。

PSV vs シュトゥルム・グラーツ
 堂安律がスタメンに名を連ねたPSVは、前半終了間際にカルロス・ヴィニシウスがPK弾をゲットする。すると後半開始間もない55分に堂安が巧みなタッチで前線にパスを送り、ブルーマの得点をアシスト。PSVが2発白星で公式戦3連勝を果たし、首位通過の可能性を残し最終節に挑む。

ディナモ・ザグレブ vs ヘンク
 伊東純也が先発出場を果たしたヘンクは、35分にディナモ・ザグレブに先制点を許してしまう。前半終了間際の45分にイケ・ウグボが同点弾を挙げるものの、逆転には至らずタイムアップ。1-1のドローでヘンクは首位通過の可能性が消滅し、プレーオフ進出を懸け北川航也が所属するラピド・ウィーンと激突する。

Photo Alex Grimm

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

“カンプ・ノウの奇跡”を観てマンチェスター・ユナイテッドの試合が気になるようになる。そこからプレミアリーグを観戦するようになり、同名の飴が好きだった理由でチェルシーのファンに。欧州サッカー漬けでいつか日本と時差が縮まればいいのにと願う東京出身のエディター。

目次
閉じる