古橋亨梧アシストもセルティックがEL敗退… ファン・ブロンクホルスト新監督が2発快勝で初陣飾る

 25日にUEFAヨーロッパリーグのグループステージ第5節が開催し、古橋亨梧が所属するセルティックがバイエル・レバークーゼンと対戦。レンジャーズはホームにスパルタ・プラハを迎えた。

古橋1G1AのセルティックがEL2連勝!鎌田2戦連続弾のフランクフルトは決勝T進出

バイエル・レバークーゼン vs セルティック
 16分にレバークーゼンに先制点を喫したセルティックは、古橋がペナルティエリア内でファウルを受けPKを獲得し、ヨシプ・ユラノビッチが沈め40分にスコアをタイに戻す。すると後半開始早々56分に、古橋がDFを引き付けラストパスを送り、ジョッタの逆転弾をお膳立て。しかし終盤レバークーゼンに立て続けに決められ、最終スコア2-3で負けたセルティックが勝ち点6でGS敗退が決定した。

レンジャーズ vs スパルタ・プラハ
 ジョバンニ・ファン・ブロンクホルスト新監督の初采配となったレンジャーズは、15分にアルフレド・モレーロスが冷静に流し込み先にスコアを動かす。本拠地アイブロックス・スタジアムが盛り上がりを見せる中、後半キックオフ直後の48分に再びモレーロスがネットを揺らし勝負あり。レンジャーズが2-0でファン・ブロンクホルスト初陣を飾り、2位確定でノックラウンド・プレーオフ進出が決定した。

Photo Lukas Schulze

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

“カンプ・ノウの奇跡”を観てマンチェスター・ユナイテッドの試合が気になるようになる。そこからプレミアリーグを観戦するようになり、同名の飴が好きだった理由でチェルシーのファンに。欧州サッカー漬けでいつか日本と時差が縮まればいいのにと願う東京出身のエディター。

目次
閉じる