ウェストハムが北川所属ラピド・ウィーンに2発白星! レスターは3ゴール完勝で首位浮上

 UEFAヨーロッパリーグのグループステージ第5節が25日に実施され、ウェストハム・ユナイテッドが北川航也が所属するラピド・ウィーンと激突。レスター・シティがレギア・ワルシャワとの一戦に臨んだ。

伊東アシストのヘンクがウェストハムとドロー 勝利逃したレスターはGS突破に黄色信号

ラピド・ウィーン vs ウェストハム・ユナイテッド
 北川スタメンのラピド・ウィーンの敵地に乗り込んだウェストハムは、39分にアンドリー・ヤルモレンコがヘディング弾で先制点を奪取する。すると前半アディショナルタイムに、ヤルモレンコがペナルティエリア内で倒されてPKを獲得。主将マーク・ノーブルがゴール右隅に沈め、2発快勝を果たしたウェストハムが勝ち点13で首位通過を決めた。

レスター・シティ vs レギア・ワルシャワ
 全チームにグループステージ突破の可能性がある激戦区C組。ストレートインを決めたいレスターは、11分にパドソン・ダカが幸先よく先制に成功。21分にはジェームズ・マディソンが追加点をゲットする。26分にワルシャワに1点を返されるものの、7分後にウィルフレッド・ディディがダメ押し弾を挙げて勝負あり。レスターが3-1で勝利し、8ポイントで首位に浮上した。

Photo Christian Hofer

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

“カンプ・ノウの奇跡”を観てマンチェスター・ユナイテッドの試合が気になるようになる。そこからプレミアリーグを観戦するようになり、同名の飴が好きだった理由でチェルシーのファンに。欧州サッカー漬けでいつか日本と時差が縮まればいいのにと願う東京出身のエディター。

目次
閉じる