ローマが4発圧勝で首位通過に望み セセニョン退場のトッテナムはコンテ体制初黒星

 UEFAヨーロッパカンファレンスリーグのグループステージ第5節が25日に開催された。

コンテ監督、荒れ試合となったトッテナム初陣を回顧「クレイジーゲーム」

ASローマ vs ゾーリャ・ルハンスク
 UCLここ2試合で勝利から遠ざかっているローマは、15分にカルレス・ペレスが先制に成功。33分にはニコロ・ザニオーロが追加点をゲットする。すると後半開始早々46分にタミー・エイブラハムがネットを揺らし、75分に再び決めてドッピエッタ(1試合2得点)を達成。4発圧勝でGS2位以上が確定した。

ムラ vs トッテナム・ホットスパー
 11分にムラにいきなり先制点を喫したトッテナムは、33分にライアン・セセニョンが悪質なファウルで一発退場に。長い時間で数的不利を強いられたトッテナムは72分にハリー・ケインが同点弾を挙げるものの、後半アディショナルタイムに勝ち越しゴールを献上。1-2でアントニオ・コンテ体制初黒星となり、首位通過の可能性も消滅した。

マッカビ・テルアビブ vs LASK
 中村敬斗がスタメンに名を連ねたLASKは、勝ち点で並ぶテルアビブと激しい首位争いを演じる。このままスコアレスドローかに見えた89分、サシャ・ホルバートが値千金の決勝弾をゲット。劇的勝利を成し遂げたLASKが直接対決の結果でテルアビブを上回り、最終節を待たずして首位通過が決定した。

Photo Silvia Lore

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

“カンプ・ノウの奇跡”を観てマンチェスター・ユナイテッドの試合が気になるようになる。そこからプレミアリーグを観戦するようになり、同名の飴が好きだった理由でチェルシーのファンに。欧州サッカー漬けでいつか日本と時差が縮まればいいのにと願う東京出身のエディター。

目次
閉じる