ウィガンFWがトレーニング中に卒倒…病院に緊急搬送されるも命に別状はなし

 ウィガンのイギリス人FWチャーリー・ワイクは、練習中に卒倒し病院に緊急搬送された。

シェフィールド・Uの選手が試合中に失神… 意識取り戻し命に別状なし

 28歳ワイクは今週初め、イングランド3部リーグ・ワンのケンブリッジ・ユナイテッド戦向けたトレーニングを行なっていた際、突然グラウンドに倒れ込む。メディカルスタッフが応急処置を施して救急車で緊急搬送され、幸いにも大事には至らず病院で容態が安定した。ワイクは7月にサンダーランドから3年契約でウィガンに移籍し、今シーズン公式戦17試合で5得点を記録。引き続き詳細な検査を受けていき当面の間は欠場となり、ウィガンのマル・ブラニガンCEOは「クラブに関わる人にとって、何よりもまずチャーリーの健康と幸福、そして家族へのサポートが絶対的な優先事項だ」とコメントした。

Photo Lewis Storey

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

“カンプ・ノウの奇跡”を観てマンチェスター・ユナイテッドの試合が気になるようになる。そこからプレミアリーグを観戦するようになり、同名の飴が好きだった理由でチェルシーのファンに。欧州サッカー漬けでいつか日本と時差が縮まればいいのにと願う東京出身のエディター。

目次
閉じる