格下相手にまさかの敗北… コンテ監督が現状を吐露「トッテナムのレベルはあまり高くない」

 トッテナム・ホットスパーのアントニオ・コンテ監督は、就任後初の敗戦を受けて仕事の難しさを語った。

ローマが4発圧勝で首位通過に望み セセニョン退場のトッテナムはコンテ体制初黒星

 UEFAヨーロッパカンファレンスリーグでムラと対戦したトッテナムは、1点ビハインドの33分にライアン・セセニョンが一発退場に。その後ハリー・ケインが同点ゴールを決めるものの、後半アディショナルタイムに勝ち越し弾を喫し1-2で敗北。グループステージ残り1試合で首位レンヌと勝ち点4差となり、決勝トーナメントストレートインの可能性が消滅した。試合後コンテ監督は会見で、トッテナムでの現状を伝えている。

「就任して3週間半経った今、正直言うとこの状況は単純でないと思う。なぜなら、現在トッテナムのレベルはそれほど高くないからだ。イングランドのトップチームの間には重要なギャップがある。この事実を怖がってはいけないし、忍耐と時間が必要だ。解決すべき問題が分かっているからこそ、私はここにいる」。

「“コンテが来て勝つようになった”と考える人がいるなら、私はマジシャンと言えるだろう。しかし私にできるマジックは仕事をするだけだ。改善のために、私の手段とアイデアを持ってくること、そのためにはたくさんの作業が必要だ。将来的にどうなるか分からないが、トッテナムのために働くのは幸せだよ」。

Photo Ryan Pierse

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

“カンプ・ノウの奇跡”を観てマンチェスター・ユナイテッドの試合が気になるようになる。そこからプレミアリーグを観戦するようになり、同名の飴が好きだった理由でチェルシーのファンに。欧州サッカー漬けでいつか日本と時差が縮まればいいのにと願う東京出身のエディター。

目次
閉じる