「クソみたいなプレーしかしてないぞ!」昨季CLでC・ロナウドとクアドラードの衝突が明らかに…

 ユベントスのドキュメンタリー番組で、クリスティアーノ・ロナウドとファン・クアドラードがドレッシングルームでとの衝突している様子が公開された。

ポルトが大金星!延長戦の末ユベントスを下しベスト8進出!

 昨シーズンのユーベに密着したAmazonプライムのドキュメンター番組『オール・オア・ナッシング ~ユヴェントスの変革~』が25日に配信開始。番組ではUEFAチャンピオンズリーグ決勝トーナメントのポルト戦が取り上げられ、ユーベが2ndレグ前半で合計スコア1-3の劣勢でハーフタイムに。勝ち進むには逆転勝ちが求められる中、フラストレーションが溜まったC・ロナウドがドレッシングルームで怒鳴り散らし、クアドラードと口論になる映像が登場した。

C・ロナウド:「俺らはもっとワードワークしなければならない!何なんだ?全くプレーできていない!何もしていないぞ!」

クアドラード:「心配するな」

C・ロナウド:「俺らはクソみたいなプレーしているんだ!いつもな!」

クアドラード:「みんなの手本にならなければならない」

C・ロナウド:「俺も含めてな!本当の事を言い合わなければならない。俺たちはクソみたいなプレーをしていたんだ。CLの試合なら個性を出す必要があるんだ」

 その後アンドレア・ピルロ監督が事態の収拾を図り、「もういい。行くんだ、クリスティアーノ。もう十分だ、ファン。私たちは冷静に我慢しなければならない。この精神で続けていくが、言い争うのではなく勝ちたいと思う姿勢を示すんだ」と言及。しかしユーベはアウェーゴール差で敗退が決まり、C・ロナウドは夏にマンチェスター・ユナイテッドに移籍していった。

Photo Enrico Locci

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

“カンプ・ノウの奇跡”を観てマンチェスター・ユナイテッドの試合が気になるようになる。そこからプレミアリーグを観戦するようになり、同名の飴が好きだった理由でチェルシーのファンに。欧州サッカー漬けでいつか日本と時差が縮まればいいのにと願う東京出身のエディター。

目次
閉じる