ハーランドが復帰戦でいきなりゴール!バイエルンはザネのミドル弾で辛くも勝利

 ブンデスリーガ第13節が27日に実施され、ボルシア・ドルトムントがヴォルフスブルクと対決。バイエルン・ミュンヘンは、奥川雅也が所属するアルミニア・ビーレフェルトをホームに迎えた。

ハーランド、ドルトムントCL早期敗退で来夏移籍が濃厚か

ヴォルフスブルク vs ボルシア・ドルトムント
 開始2分に先制点を許したドルトムントは、マルコ・ロイスが倒されてPKを獲得し、36分にエムレ・ジャンがゴール左に沈める。すると後半開始間もない55分に、ドニエル・マレンがミドルシュートで逆転弾をゲット。80分にはケガ明けのアーリング・ハーランドが復帰戦でいきなりゴールを決め、ドルトムントが3-1で勝利を収めた。

バイエルン・ミュンヘン vs アルミニア・ビーレフェルト
 負傷者に加え、直前のコロナウイルス陽性反応により離脱者が続出するバイエルンは、リフレッシュ化を図れずピッチに立った選手の動きが重い。それでもスコアレスで折り返した71分に、トーマス・ミュラーのパスを受けたレロイ・ザネがペナルティアーク内から左足を一閃。バイエルンが苦しみながらも1-0で白星を挙げ、勝ち点3獲得で首位をキープした。

Photo Martin Rose

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

学生時代のユニフォームが青と赤、ポジションがMF、背番号8だった事でランパードとジェラードのプレーを見るように。以来プレミアリーグを中心にサッカーを年間約1000試合観戦する東京出身のエディター。

目次
閉じる