レバンドフスキが新設の最優秀FW賞に選出 コパ・トロフィーには19歳ペドリが輝く

 フランスのサッカー専門誌『フランス・フットボール』は29日、新設された最優秀FW賞と最優秀チーム賞に加え、、2021年度コパ・トロフィー受賞者を発表した。

レバンドフスキ、今年度バロンドール受賞に自信「実績が物語っている」

 「ストライカー・オブ・ザ・イヤー」と称されたクラブと代表で最多得点を挙げた選手の贈られる賞には、バイエルン・ミュンヘンのポーランド代表FWロベルト・レバンドフスキが受賞した。レバンドフスキは昨シーズン公式戦64ゴールを決め、ブンデスリーガではシーズン最多得点を49年ぶりに更新する41ゴールを記録。得点ランキング2位のキリアン・エムバペより18得点、3位のリオネル・メッシよりも22得点多い数字で、圧倒的な決定力を披露した。レバンドフスキはスピーチで、「ここにいる事をとても誇りに思う。ストライカーとチームの相乗効果をもたらしてくれた同僚や監督、スタッフに感謝したい」と伝えている。

 また「ストライカー・オブ・ザ・イヤー」と共に今年から新設されたバロンドール候補に最多の選手が選出されたクラブに贈られる賞「クラブ・オブ・ザ・イヤー」には、チェルシーが初代受賞者に選出。チェルシーは昨シーズン
UEFAチャンピオンズリーグ優勝を果たし、今年度のバロンドール候補選手30名には、ジョルジーニョ(3位)、エンゴロ・カンテ(5位)、ロメル・ルカク(12位)、メイソン・マウント(19位)、セサル・アスピリクエタ(29位)の5選手が選ばれていた。

ぺドリが2021ゴールデンボーイ受賞!2位ベリンガムに圧倒的大差つける

 一方21歳以下の選手を対象とした若手版のバロンドールと言われる「コパ・トロフィー」には、バルセロナのスペイン代表MFペドリが輝く。先月発表されたイタリア紙『トゥットスポルト』主催の「ゴールデンボーイ」と合わせて二冠達成となり、若手で最も評価の高い選手となった。ペドリは授賞式に登壇し、「先日19歳になったけど、それを祝うには最高の方法だね」とコメント。「メッシをはじめとするクラブのキャプテンたち感謝し、僕を支えてくれた全ての人たちに捧げたい」と喜びを語った。

 Photo Aurelien Meunier

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

学生時代のユニフォームが青と赤、ポジションがMF、背番号8だった事でランパードとジェラードのプレーを見るように。以来プレミアリーグを中心にサッカーを年間約1000試合観戦する東京出身のエディター。

目次
閉じる