UEFAが脳震盪憲章を制定 クラブや代表チームが啓蒙活動

 欧州サッカー連盟(UEFA)は29日に、頭部に衝撃を受けた選手を保護する更なる対策として、脳震盪憲章を制定した。

FIFA、カタールW杯で新たな試み 各試合で脳震盪専門スタッフを配置

 この憲章はUEFAメディカル委員会が作成したもので、脳震盪の危険性について、選手、コーチ、審判、医師、そして一般市民への教育を目的として制定。クラブや代表のチームは、脳震盪の手順を説明するセッションを提供するよう求められる。UEFAメディカル委員会のティム・マイヤー委員長は、「脳震盪は間違いなく重大な障害であり、適切な管理と治療が必要である」と言及。「調査ではサッカーでの発生率は低いとされているが、ピッチ上で脳震盪が起きた場合どのように対応し、何をすべきか知っておく必要がある」伝えた。UEFAは2019年10月に脳震盪の啓蒙活動を開始し、国際サッカー協会理事会(IFAB)が2022年7月まで脳震盪による代役選手を正式導入を承認した。

Photo Ira L. Black – Corbis

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

“カンプ・ノウの奇跡”を観てマンチェスター・ユナイテッドの試合が気になるようになる。そこからプレミアリーグを観戦するようになり、同名の飴が好きだった理由でチェルシーのファンに。欧州サッカー漬けでいつか日本と時差が縮まればいいのにと願う東京出身のエディター。

目次
閉じる