元リバプールのバベルがラッパーデビュー!監督や同僚を揶揄したアルバムを発売

 元リバプールのオランダ代表FWライアン・バベルは、ラッパーに転身しアルバムを発売するようだ。

【セリエA】イタリアの伝説ヴィエリがシングル曲をリリース!インテル時代の同僚も参加するサマーソングに

 34歳バベルはヒップホップに興味を持ち、22歳の頃にはサッカー選手のキャリアを両立させながらレコード会社を設立。他のアーティストの曲に参加するなど活動を続けていく中、コロナウイルスのロックダウン時に一念発起し自身の半生を綴ったアルバム作成に取りかかったようだ。発売したアルバム『The Autobiography – Chapter 1』では、ラファエル・ベニテスとの関係やルイス・ファン・ハールとの不和、さらに元チームメイトのイブラヒム・アフェライを揶揄した歌詞が綴られている。

 ガラタサライからアヤックスにレンタル移籍していた際に、ジャーナリストから自叙伝と書かないかと誘われた事がきっかけだったようで、本ではなく音楽を媒体として自身の人生を伝えようと考えるように。「本物の作品にしたいのなら、話しにくい事を話さなければならないと思った」とアルバムに懸けた思いを語った。

「精神的にも準備が出来ていたし、作曲の過程で関わった人たちからも刺激を受けた。最終的に選んだこの手段を誇りに思っている。これまではスタジオでちょっとしたものを作ったとしても、自慢話のようになっていた。でもそれは僕にとって面白くないし、やりたいことでもなかった。できる限り本物になり、事実を伝えたかったんだ」。

Photo Laurence Griffiths

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

学生時代のユニフォームが青と赤、ポジションがMF、背番号8だった事でランパードとジェラードのプレーを見るように。以来プレミアリーグを中心にサッカーを年間約1000試合観戦する東京出身のエディター。

目次
閉じる