サラー、7位に終わったバロンドールを聞かれ…「ノーコメント」

 リバプールのエジプト代表FWモハメド・サラーは、7位に終わった2021年バロンドールに反応した。

クロースがメッシのバロンドール受賞に苦言「全くフェアじゃない」

 先月フランスのサッカー専門誌『フランス・フットボール』が主催する2021年度バロンドールが発表され、リオネル・メッシが史上最多7度目の選出に。ロベルト・レバンドフスキやジョルジーニョが次点に続き、候補の一人だったサラーは7位に留まった。プレミアリーグ第14節エバートン戦で2ゴールの活躍を見せたサラーは試合後、インタビュアーにバロンドールに関して質問され、「ノーコメントだよ」と笑顔で回答している。

 一方、エバートン戦前の会見ではユルゲン・クロップ監督がバロンドールに関し、「正直、驚いた。しかし、これは私にどうにかできることではない。モー(サラー)は間違いなくもっと上の位置になるべきだった」と言及。「バロンドールはジャーナリストの投票により決まるだろう? だから私には何も聞かないでくれ。これは君たちのミスだ! 君たちがもっと上だと思うのなら、君たちの同僚を説得すべきだ!」と不満を口にした。

Photo Alex Livesey

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

学生時代のユニフォームが青と赤、ポジションがMF、背番号8だった事でランパードとジェラードのプレーを見るように。以来プレミアリーグを中心にサッカーを年間約1000試合観戦する東京出身のエディター。

目次
閉じる