エジプト2部で悲劇的な事故…決勝弾に興奮した監督が心臓発作で死亡

 エジプト2部リーグで、決勝ゴールに興奮した監督が心臓発作で急死する事故が起きた。

救急搬送されたニューカッスルファン、クラブがSNSで無事を報告「迅速な措置に感謝したい」

 アル・マジドのアドハム・アル・サラダル監督はエジプト2部リーグのアル・ジャルカ戦で、スコアレスで迎えた後半アディショナルタイムに自チームが決勝点を挙げた際、心臓発作を起こし卒倒。救急車で緊急搬送され、病院で死亡が確認された。アル・サラダル氏は選手時代に、イスマイリーSCでエジプト ・プレミアリーグと国内カップを制覇。その後は監督としてキャリアを積み、今シーズンはアル・マジドを率いてリーグ7位に位置していた。

 アル・サラダル氏の死亡を受けアル・マジドが6日間の喪に服すと宣言し、以前所属していたイスマイリーも3日間喪に服すと声明で発表。「クラブ取締役会は、チームのスターであり元コーチであったアル・サラダルの死を悼み、故人の魂に対して3日間の喪に服すことを宣言する。全能の神に、故人をその広大な慈悲で覆い、その広大な庭園に入れるよう祈る」と哀悼の意を表した。

Photo Matthew Ashton – AMA

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

“カンプ・ノウの奇跡”を観てマンチェスター・ユナイテッドの試合が気になるようになる。そこからプレミアリーグを観戦するようになり、同名の飴が好きだった理由でチェルシーのファンに。欧州サッカー漬けでいつか日本と時差が縮まればいいのにと願う東京出身のエディター。

目次
閉じる