フィルミーノ復帰のリバプールが公式戦8連勝!チェルシーは痛恨ドローで首位と勝ち点差広がる

 プレミアリーグ第17節が16日に開催され、リバプールがニューカッスル・ユナイテッドと激突。チェルシーがホームにエバートンを迎えた。

フィリップス、今冬にリバプール退団を示唆「納得いくオファーが来れば…」

リバプール vs ニューカッスル・ユナイテッド
 開始7分にいきなり失点を喫したリバプールは、21分にCKの流れからディオゴ・ジョッタが同点弾をゲット。4分後にはこぼれ球に反応したモハメド・サラーが逆転ゴールを叩き出す。後半に入りロベルト・フィルミーノがケガから復帰を果たすと、終盤の87分にトレント・アレクサンダー=アーノルドが右足を一閃。リバプールが3-1でニューカッスルを下し、公式戦8連勝を達成した。

チェルシー vs エバートン
 スコアレスで折り返したチェルシーは70分、自陣でボール奪いカウンターを発動し、リース・ジェームズがラストパスを供給。メイソン・マウントがペナルティエリア内から冷静に流し込み、チェルシーが先制に成功する。ところが4分後、セットプレーからエバートンに痛恨の失点。1-1でまさかのドローに終わり、首位マンチェスター・シティとの勝ち点差が4に開いた。

Photo Clive Brunskill

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

学生時代のユニフォームが青と赤、ポジションがMF、背番号8だった事でランパードとジェラードのプレーを見るように。以来プレミアリーグを中心にサッカーを年間約1000試合観戦する東京出身のエディター。

目次
閉じる