冨安健洋が負傷交代も… アーセナルが4発白星でプレミア3連勝!

 プレミアリーグ第18節が行われ、冨安健洋のアーセナルがリーズ・ユナイテッドと対戦した。

【PLプレビュー】新型コロナ感染拡大が続くプレミアリーグ… 試合開催のメガクラブは勝利なるか

 オミクロン株拡大で半分以上の試合が延期となった今節。幸いにも開催となったアーセナルは、好調の勢いそのままに若手選手が躍動する。16分にゴール前でアレクサンドル・ラカゼットがプレスを掛けると、こぼれ球をガブリエウ・マルチネッリが押し込み先制に成功。28分に再びマルチネッリがネットを揺らし、42分にはブカヨ・サカが決定的な3点目を挙げる。

 勝利ムード漂うアーセナルだったが、後半に入りリーズの猛反撃に遭う。冨安が筋肉系のケガで負傷交代となると、ベン・ホワイトがペナルティエリア内でファウルを犯しPKを献上。ラフィーニャに決められ、75分に1点を返される。それでも84分に、エミール・スミス・ロウがダメ押し弾を沈め勝負あり。アーセナルが4-1でリーズを下し、プレミア3連勝を達成した。

Photo Naomi Baker

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

学生時代のユニフォームが青と赤、ポジションがMF、背番号8だった事でランパードとジェラードのプレーを見るように。以来プレミアリーグを中心にサッカーを年間約1000試合観戦する東京出身のエディター。

目次
閉じる