トッテナムのECL敗退が決定… 延期していたレンヌ戦が没収試合に

 トッテナム・ホットスパーは延期となっていたレンヌ戦が没収試合となり、UEFAヨーロッパカンファレンスリーグ敗退が決定した。

トッテナムがECLレンヌ戦延期を発表…チーム内で13人新型コロナ陽性

 9日に行われる予定だった同カードは、トッテナムがチーム内でコロナウイルスのクラスターが発生したため延期に。代替日を模索していたが開催困難と判断され、欧州サッカー連盟(UEFA)は没収試合を表明しトッテナムが0-3の敗北扱いとなりグループG3位が確定。ECL敗退が決定した。UEFAは声明で、「2021年12月9日に行われる予定だったトッテナム対レンヌの試合を、ECL規則j.3.1に基づきトッテナムが0-3で敗れたものとする没収試合と宣言する」と発表。レンヌはすでにグループステージ首位通過を決めていたが、トッテナムが勝利すれば2位のフィテッセを抜いて決勝トーナメント進出となる状況だった。

Photo Alex Pantling

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

学生時代のユニフォームが青と赤、ポジションがMF、背番号8だった事でランパードとジェラードのプレーを見るように。以来プレミアリーグを中心にサッカーを年間約1000試合観戦する東京出身のエディター。

目次
閉じる