コウチーニョが今冬バルセロナ退団へ… W杯出場を目指しプレミア復帰か

 フィリッペ・コウチーニョはバルセロナ退団のドアに鍵を差し込み、新しい場所へと足を踏み入れる準備を整えたようだ。

CL敗退でバルセロナが苦渋の決断⁉ 今冬の移籍市場で大量放出か

 スペイン紙『スポルト』によると、コウチーニョは今冬の移籍市場で適切なオファーがあれば応じる方針だと報道。コウチーニョはリバプール時代のような輝きをもう一度取り戻したいと考えており、バルサ残留に固執する事はないと伝えた。総額1億6000万ユーロ(約197億円)でバルサに加入したコウチーニョは際立った活躍を見せることができず、クラブ史上最悪の決断の一つと揶揄されるように。コウチーニョは今年開催されるFIFAカタールワールドカップ出場を目標としていて、アーセナルやトッテナム・ホットスパー、そしてニューカッスル・ユナイテッドなどプレミアリーグ復帰を模索している。

 Photo Eric Alonso

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

学生時代のユニフォームが青と赤、ポジションがMF、背番号8だった事でランパードとジェラードのプレーを見るように。以来プレミアリーグを中心にサッカーを年間約1000試合観戦する東京出身のエディター。

目次
閉じる