ワクチン未接種のカッサーノ 新型コロナの合併症で入院

 元イタリア代表FWアントニオ・カッサーノは、コロナウイルスの合併症で入院となった。

カッサーノ氏、ビーチで交わしたジョルジーニョとの会話明かす「バロンドールに相応しいって言ったら…」

 39歳カッサーノは2021年末にコロナウイルスの検査で陽性反応が確認され、今月2日には合併症を患いジェノアのサン・マルティーノ病院に入院。カッサーノはワクチン接種を受けておらず、妻で水球選手のカロリーナ・マルシアリス氏によると年末年始にかけて自宅で隔離されて過ごしていた際、数時間で容体が急変し病院で治療を受ける事になったようだ。カッサーノは現役時代にASローマやサンプドリアでプレーし、2001年と2003年にはセリエA年間最優秀ヤングプレーヤー賞を受賞。2006年にはクラブ史上2人目のイタリア人選手としてレアル・マドリードに移籍し、イタリア代表でも39キャップ10得点を記録している。

Photo Gabriele Maltinti

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

“カンプ・ノウの奇跡”を観てマンチェスター・ユナイテッドの試合が気になるようになる。そこからプレミアリーグを観戦するようになり、同名の飴が好きだった理由でチェルシーのファンに。欧州サッカー漬けでいつか日本と時差が縮まればいいのにと願う東京出身のエディター。

目次
閉じる