3発奪取のミランが2022年白星発進!ローマは2人退場で完敗とほろ苦い結果に

 6日にセリエA第20節が実施され、ACミランとASローマのビッグマッチが実現した。

メイトランド=ナイルズがアーセナル退団へ ローマに期限付き移籍が決定的に

 2022年初戦に強豪ローマをホームに迎えたミラン。激闘が予想される中、開始早々から仕掛ける。テオ・エルナンデズのシュートがハンドを誘発しPKを得ると、オリビエ・ジルーがゴール左に沈め8分にミランが先制に成功。17分には波状攻撃から最後はジュニオール・メシアスが流し込み、ミランが早い時間帯にリードを広げる。

 前半終了間際に1点を返されたミランは、74分にローマのリック・カルスドルプが2枚目のイエローカードで退場となり数的優位を得る。すると81分に、途中出場ラファエウ・レオンが決定的な3点目を奪取。後半アディショナルタイムにはペナルティエリア内でファウルを犯したローマのジャンルカ・マンチーニが退場となり、獲得したPKをズラタン・イブラヒモビッチが外すものの、ミランが点差を守り切りタイムアップ。最終スコア3-1で、ミランがローマを粉砕した。

Photo Ciancaphoto Studio

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

学生時代のユニフォームが青と赤、ポジションがMF、背番号8だった事でランパードとジェラードのプレーを見るように。以来プレミアリーグを中心にサッカーを年間約1000試合観戦する東京出身のエディター。

目次
閉じる