ヴィニシウス&ベンゼマがドブレーテ!レアルが難敵バレンシアに4発完勝

 8日にラ・リーガ第20節が実施され、レアル・マドリードがバレンシアとの一戦に臨んだ。

レアルが国王杯でリベンジ完遂!昨季敗れた3部アルコヤーノを3発撃破

 新年一発目だった前節でまさかの完封負けを喫したレアル。年明けから連敗は避けるべく、今試合ではコロナウイルス感染で欠場していたヴィニシウス・ジュニオールが復帰した。終始優位にゲームを進めるレアルは、カゼミーロが高い位置でボールを奪いペナルティエリア内に進入すると、DFに倒されてPKを獲得。カリム・ベンゼマが確実に沈め、レアルが43分に先制点を挙げる。

 リードを得たレアルは後半に入り攻撃のギアを上げ、52分にヴィニシウスが追加点をゲット。61分にはマルコ・アセンシオのシュートのこぼれ球をヴィニシウスが押し込み、復帰戦でドブレーテ(1試合2得点)を達成する。バレンシアに1点を返されたレアルは、88分にベンゼマもドブレーテを成し遂げ、最終スコア4-1でリーグ2試合ぶりの勝利を手にした。

Photo Gonzalo Arroyo Moreno

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

学生時代のユニフォームが青と赤、ポジションがMF、背番号8だった事でランパードとジェラードのプレーを見るように。以来プレミアリーグを中心にサッカーを年間約1000試合観戦する東京出身のエディター。

目次
閉じる