インテルが強敵ラツィオを下し新年白星スタート!ミランは3発白星でリーグ3連勝

 9日にセリエA第21節が実施され、インテルとラツィオが激突。ACミランがヴェネツィアの敵地に乗り込んだ。

冬の王者インテルが華麗なるウノゼロで勝利!ミランは4発圧勝で2021年を締める

インテル vs ラツィオ
 今節の注目の一戦は30分に、CKからこぼれ球を拾ったインテルのアレッサンドロ・バストーニがペナルティエリア手前から狙い澄ましたシュートを沈める。5分後にラツィオに同点に追い付かれたインテルは、67分にバストーニが左サイドからクロスを供給。ミラン・シュクリニアルが頭で合わせ、インテルが2-1でラツィオを下し新年初戦を白星で飾った。

ヴェネツィア vs ACミラン
 代表戦やコロナウイルスで多くの離脱者を抱えるミランは、開始2分にズラタン・イブラヒモビッチが電光石火の先制弾を奪取する。試合の主導権を握ったミランは後半開始間もない48分に、テオ・エルナンデズが豪快に追加点を叩き出すと、59分にテオがPK弾を沈めてドッピエッタ(1試合2得点)を達成。ミランが3発白星で、リーグ3連勝を果たした。

Photo Ciancaphoto Studio

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

“カンプ・ノウの奇跡”を観てマンチェスター・ユナイテッドの試合が気になるようになる。そこからプレミアリーグを観戦するようになり、同名の飴が好きだった理由でチェルシーのファンに。欧州サッカー漬けでいつか日本と時差が縮まればいいのにと願う東京出身のエディター。

目次
閉じる