就任後初の“エル・クラシコ”に臨むシャビ監督 「バルサにとってターニングポイントに」

シャビ

 バルセロナのシャビ・エルナンデス監督は、レアル・マドリードとの“エル・クラシコ”はターニングポイントになると語った。

久保フル出場のマジョルカが2発完敗… バルセロナは痛恨ドローで連勝ストップ

 12日にスーペルコパ・デ・エスパーニャがサウジアラビアのリヤドで行われ、準決勝でバルサとレアルが激突。レアルはラ・リーガで首位に立っていてバルサは17ポイント差の7位に位置しており、UEFAチャンピオンズリーグ敗退となったブラウ・グラナにとって貴重なタイトル獲得のチャンスに。バルサ監督就任後初の“エル・クラシコ”に臨むシャビ監督は、レアルに勝てばチームは大きく飛躍すると意気込みを口にした。

「チームがどのような状態か確認するいい機会だ。私たちにとってはとても重要なテストで、ターニングポイントになるかも知れない。まず、決勝に進出する。このプロジェクトに与える自信はとてつもないものだ。2試合でタイトルを獲得できるのだから。私たちは改善しなければならないし、プロジェクトが進行中で時間がかかるが、明日はいいテストになる。そして私たちはバルサだし、決勝に進出しなければならない」。

Photo Fran Santiago

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

学生時代のユニフォームが青と赤、ポジションがMF、背番号8だった事でランパードとジェラードのプレーを見るように。以来プレミアリーグを中心にサッカーを年間約1000試合観戦する東京出身のエディター。

目次
閉じる