バイリーのミラン移籍囁かれるも… マンUに放出の意思なし

 マンチェスター・ユナイテッドは、今冬にエリック・バイリーを放出する意思はないようだ。

バイリーがマンUと2024年まで新契約を締結!「幸せ。ケガ無くシーズンを終えたい」

 イタリア『Sky』によると、バイリーはACミランへのレンタル移籍が囁かれているものの、マンUは放出を考慮していない模様。さらにマンUは今冬の移籍市場で、どの選手もレンタルで手放すつもりは無いようだと報じた。昨年4月にマンUと2024年まで契約延長を果たしたバイリーは、今シーズン公式戦7試合の出場に留まり、内3ゲームはラルフ・ラングニック暫定監督が就任以降に記録。2016年にビジャレアルからマンUに加入して以来多くのケガに悩まされており、1シーズンに20回以上出場できたのはわずか2回だけだ。それでもバイリーはマンUに忠誠を誓っていて、昨年には「クラブにもっと貢献したい。僕が不調の時クラブはサポートしてくれたし、それを誇りに思っているからね」と語っていた。

 Photo Gareth Copley

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

学生時代のユニフォームが青と赤、ポジションがMF、背番号8だった事でランパードとジェラードのプレーを見るように。以来プレミアリーグを中心にサッカーを年間約1000試合観戦する東京出身のエディター。

目次
閉じる