元マンUのエブラが衝撃発言 「各クラブに2人はゲイがいる」

 元マンチェスター・ユナイテッドのパトリス・エブラ氏は、各クラブに最低2人はゲイがいると衝撃の発言をした。

ヘルタGKコーチが解雇 移民やLGBT差別発言で

 現在プレミアリーグではゲイを公表している選手はいないものの、「レインボーレース」のキャンペーンを通じLGBTQについてイングランドサッカー界をより包括的なものにする取り組みが行われている。現役時代にマンUやユベントスでプレーした経験を持つエブラは、選手の中に同性愛嫌悪のためカミングアウトを恐れていた者もいたと明かした。

「イングランドにいた時、ドレッシングルームで同性愛について話す機会があったんだ。チームメイトの何人かは、“宗教に反する。このドレッシングルームに同性愛者がいるならクラブを去らせろ”と言ったんだ。その時私は“黙れ”と言ったよ。私はゲイの選手が一緒にプレーしているのを知っていた。そうでないと話すのが怖かったから彼らはそっと私に心を開いてくれたんだ。1つのクラブに最低2人はゲイの選手がいる。でもサッカー界では、そう言ってしまったら終わりなんだ」。

Photo Jonathan Moscrop

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

学生時代のユニフォームが青と赤、ポジションがMF、背番号8だった事でランパードとジェラードのプレーを見るように。以来プレミアリーグを中心にサッカーを年間約1000試合観戦する東京出身のエディター。

目次
閉じる